スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「12歳。」レビューその2

各シナリオ10話構成
選択肢がテキストではなく表情を選択するというのが珍しい要素
選んだ選択肢でハートの出方が違うから正解かどうかすぐにわかる新設設計
話が飛んでいるところがあり、原作を知っていること前提っぽい
基本立ち絵しかないからスクショとる場面がわからん・・・
この手のゲームはマブラヴとあやかしびとしかやったことないので
立ってるだけでは退屈である。アクションしねーかな

1話
星の林間学校
「星の」と言われたらカービィを思い出すスーファミ世代。仙一ではないよ
キャンプ場でカレー作り。飯盒で炊いたご飯ってなんであんなにおいしいんでしょうね
途中途中のラブラブは書いててキリが無いのでスルー
(これスルーすると書くことあんまないw)
おじいさんは山へ薪狩りに。おばあさんは炊事場で料理に

心愛妨害工作その1
カレーの鍋を見ている花日に、自分の忘れ物を取りに行くよう頼む
花日にカレーを見てるよう頼まれるが、本当に見てるだけで何もせずカレーを焦がす
見てるようとしか言われてないし、自分も自分の班のカレーを作らないといけないんだからと逆ギレ
高尾に自分のカレーを食べさせて、好感度アップ間違いなし!

これを平然とやってのけるあたり大物。
しかしイケメン高尾君は当然のように心愛のカレーを食べずに花日のカレーを食べる。
何というイケメンだ・・・
心愛ざまぁww

続いて夜の肝試し。もちろん花日と高尾ペア。定番の、目的地(ほこら)まで行って置いてあるノートに名前を書くというもの

心愛妨害工作その2
怖がりの花日にほこらまでの近道(もちろん嘘)を教える
花日達が道にそれて帰るのが遅くなり、全員で探す大事に
花日に言われても、人に責任押し付けるなと突っぱねる
こんな道で迷うなんて花日ちゃんどんくさ~~い

これで好かれると思うあたり大物
しかしイケメン高尾君は「誰にでも道に迷うことくらいあるよ(キリッ)」と花日を慰め、もう一回肝試しにトライ
満天の星空の下、流れ星を見つめる2人であった

まったく相手にされないけど恋心は全く冷めず、こりずに妨害に励む心愛であった


とりあえず今回はここまで
シナリオ見てブログ書いてだと意外と時間かかる
ネタ的に心愛ちゃんが話の中心になってしまうw
次からは数話まとめてレビューできるはず
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BAN0018

Author:BAN0018
ネグザやってます。大会は横浜、池袋、秋葉原あたりに出没します。

スカイプ対戦もやっております。
スカイプID:ban-yaruo
スカイプ名:白饅頭

対戦してやろうという方お気軽にお声をおかけください

twitterもやってます。ネグザのことについてつぶやいてます。
ban0018

家庭版フルブもやってますーノ

カウンター
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。